あらかじめ決められた子供たちへ

小学生の頃の時間って、ものすごいスピードで成長してるから一分一秒でも無駄にして欲しくないという気持ちと、自分が小学生だった頃に無駄にした一分一秒が無駄だったかと考えたら、決してそうではなかったなと思う気持ち、どれくらいのバランスで子供たちに過ごしてほしいか考えてる。世界は広いことを教えたい。世界は狭いということも。見聞を広めて欲しい。いろんなジャンルの本を読んだり、アウトドアで自然に触れたり、オタク趣味の時間とか、散歩して近所の猫を追いかけたり突然犬に吠えられたり、そんな時間。一方で、ヒマで、友達と遊ぶのもめんどくさくて、なんかゴロゴロして、ダイニングテーブルの上で寝転がったり、廊下で死んだフリして気付いたら寝てたとか、そんな有意義さをまったく排除した時間。

親が与えられるものは与えて、時間を管理して、持っている可能性は出来る限り伸ばしたい、整然と生活する、それがいいに越したことはないと思うけど、そういうのは大人になっても出来る。子供がヒマをヒマと自覚してヒマをどう使うか考えながらも何をしたらいいかわからないまま、親の居ぬ間にアイスほおばってダイニングテーブルで寝転がったり洗濯機に入ったりして一日が終わる時間、子供自身がそこにまったく意味を見出していない、無自覚に無意味な時間。それは大人になってからは作れない。時間を大人買いてふんぞってやることはできても、それは責任のない守られた小さくて無力な生き物が為す術なく、または為す術を考えながら過ごす時間とは意味が違う。しかし前者には教養が身につき、後者にはただ、そんな子供らしい時間を過ごしたというノスタルジーがある、というだけ。

それで、こういうのはきっと中途半端が一番よくない。なので親はその無意義な時間も含めて徹底的に管理してないとだめで、しかも有意義な時間のときはいいのだけど、その無意義な時間が作為的であることを子供に悟られると、子供にはそれが無意義にならないし、何よりゴロゴロではなく、ダラダラしても何も言われない、もしくは自分に無関心だと勘違いするかもしれないので、あくまでまったく知らない体を装って管理しないといけない。大変だー。

私は、自分が親として与える時間以外の子供の時間は感知してないフリが一番いいと思ってるけど、しかし感知してないフリしてると「ずっとドラクエ」してるので、自分の時間管理の中途半端さを責めています。「ずっとドラクエ」は嫌なんだよね!!(一時間にしてと言ったら夫が横から「一時間じゃなんもできんやろ」と言ってきた。あんた何目線だよ。)なんかゴロゴロしろよって思ってしまう!なんもやることないなー、って考えて、何も生み出さなくていいので、ヒマの使い方について考えて欲しい。私には小学生の時分の「ずっとドラクエ」の尊さがわからないのでそれが悪いものとは思わないようにしてるけど、でも気付いたらゲームで何時間もなんて大学生になってからでいいんだよ!小学生は小学生のうちにやるべきゴロゴロがあるんだよ。

と思ってしまう。

 

けれど気付いたらそれは、それは、それが私の知らないところで子供たちが主体的にやっているヒマの過ごし方だった。

トレジャーゲート

・22時くらい

おい、やったぞ、梅原裕一郎がやったぞ。

イケメン回転寿司本気で死にかけたぞ。

 

・4時半くらい

ところで本日はSideMの4thライブで、うめめが王子様の格好をして歌って踊って上から指示されてファンサをするかもしれない貴重な日です。うちは下の子がまだ小学生なのでちょっと近所までライブビューイング行ってくる。

アメリ症候群(ちっともおもしろくない名前)

アメリを最後まで観れたことがなくて、いつも途中で寝てしまう。退屈だからとかいう理由ではなく、なんというか、いわゆる縁がない。観たい意思はあるが、なんか縁がない。そういうの考えるとそういえば縁がなさそうな映画って自分の中にいくつかあって「観たいけどたぶんもう死ぬまで観なさそう」という基準で選ぶとまずアメリ。でも実はアメリはついこの前観た。6度目くらいにしてやっと。観てよかった、観れてよかった、心からそう思うけれど、しかし人生をこじ開けて無理矢理押し込んだ感じもあり、寿命が縮んだ気もする。あとは、これ観てないと映画わかってないおじさん(そんな人実際いるのだろうか)を気にせず正直に言うと、「時計じかけのオレンジ」以外のキューブリック、小津とかゴダールとか(このへんはコンプリートしてないと観たと言ってはいけない風潮がある)、なんだいっぱいあるじゃないか。未来世紀ブラジルとかロッキーホラーショーも人生を無理矢理こじ開けて観た感があり、感性を研ぎ澄まさなければちょっと何言ってるかわからない類の何かを取り入れようとすると最近なかなか開かないし、これはこの年代だったな、てのはたくさんある。若かったとしてもチンプンカンプンだったかもしれない。けれどそんなものは後からしかわかないことなので、やっぱりいつ観たっていいし、そこまでして観る必要もない。あと映画館と家を「派」で分ける必要もない。こちらは派を付けれるほど強い意志を持ってない。時間とお金があれば比較的多く映画館に行くかもしれない、しかし家で観る醍醐味も同じように多くあるので家で観る。好きにお尻掻いたり歯につまったポップコーンをシーシー言わせながらようじで取ったり。そこじゃないけど。それだと醍醐味じゃないけど。とにかく家が好きだから。家派じゃない、家が好きなだけ。TSUTAYAに長時間いるのが好きなだけ。TSUTAYAにいるとだいたい便秘も解消される。でもどんどん閉店してるので悲しいです。配信に負けないで。私はよく利用するけど、配信に疎くてお金に余裕がない人のエンタメ環境を奪っていかないで。だいたいクーリンチェ少年殺人事件とか私には家じゃないと無理(それが「正し」かったのだろうけど私は間違えて恵比寿の写真美術館で観た。ものすごくお尻が痛かった。)。すべてにおいてどっちも良さがあるそれでいい。それに出会えただけで満足。

 

最近あまりにも物事を厭世的に考えてしまう。何事も中間に置こうとする。本当は黒は黒で、白は白でいたい。私は赤や青さえもグレーにしてしまう。それはそれですごいのだけど。黒を黒にするパワーがない。正義?それは根拠のないもの。

君の顔、忘れないよ。

とあるアニメ映画の舞台挨拶回に行ってきたのだが(いろんなオタク層にびびって家族みんなについて来てもらった)、うめめあまりにも綺麗すぎて、なんだろう、顔の3分の2くらい鼻だった気がする。あとの3分の1は壮大なスケールの目で、それも、体感速度でまばたきや目線を移す速度が皇室より遅い。どうやったらそんな技…あとなぜか客席は見ず二階の映写室の向こう側でも見るように遠くに目線をやっていて、どこ!どこ見てるの!と何度も心の中からつっこんだ。こんな容姿にあんな声を与えられて…他に何が望みなのか言えばいいじゃないですか!じゃあ言いますけどSideMのバックステージ映像にもう少し映り込んでくださいお願いします。

帰りに夫に「目合った!」と言ったら「キモい!」と返された。あなたの妻はキモいとか痛いなど、もうどうでもいい所におります。

フェイジョアーダ

f:id:chelmoss:20180821213435j:plain

鶏と豆で検索したら出てきたフェイジョアーダ

フェイジョアーダのことをよく知らんけど、音の響きが気に入ったので今夜の晩ごはんはフェイジョアーダ

果たしてきちんとフェイジョアーダになったかどうかわからんけどフェイジョアーダ

 

ステファンシュナイダー、ウユニ塩湖、フェイジョアーダ